名義変更のトラブルについて
2016.12.20

subimg03車は他の一般なものと違って法律によって所有車が決められています。法的に所有権を移さないで自動車税の税金は実質的な使用権は売却主に移っても法的な所有権が旧所有者にある場合には、旧所有者に納税義務が発生してしまうため、特に個人間では名義変更によってトラブルの元になることが多いです。車を引き渡してからしばらくして自動車税の納税用紙が自分の元へ届いてしまったり、最悪な場合には犯罪に利用されて警察に呼ばれてしまうこともあります。車の売却後には手続きをしっかりと行います。売買契約では手続きが終了したことを証明して取引が終了することを条項に書いておくことが一番です。ところが条項に文言をいれていても手続きを怠る人もいます。手続きをしない人の多くがのちに連絡が取れないということが多いです。そのため車の引き渡す前に手続きを完了したことを確認してから車を引き渡すことが一番よい方法です。相手が書類を偽装していない限り安全な取引方法です。

そこまでしなくてもという場合には手続きを完了するための期限を設けておく方法を取っておくと取引相手がしっかりと手続きをしてくれます。手続きをすることを定めることを書いていない書類で車体を引き渡してしまうとトラブルになることがあるかもと意識を持っておくことは必要です。所有権の移転は通知する義務がないため車の取引を安心して完了させるためには契約によって何とかする必要があります。必ず何もしないということがないようにしておきます。大手車買取業者によっては車の引き渡し後にはがきなどでしっかりと手続きを行ってことを通知してくれるところが多いです。気になる場合には車の売却先を大手車買取業者にするという方法もおすすめです。

手続きを完了したという通知義務はないため業者が通知してくれない、通知してくれなかったということを主張することはできません。一番はっきりと手続きが完了しているということがわかる方法は、5月前後に届く納税書類が登録住所に送られてこない場合には所有権が移転されていると考えて問題がないです。ただし、納税書類まで待っていられない、安心できないとい場合には、名義変更を確認してから車体を引き渡しを行うか難しい場合には手続きの期限を定めて手続きを行うという文言を条項に入れて契約にいれておくことが一番です。名義変更をしたことを確認できるという文言を忘れずに契約条項に盛り込むことがトラブル防止に繋がります。

▲ ページトップへ