地方と都心の車買取事情の違い
2016.12.20

subimg01都心に住む人たちの所持する自動車は、そんなに乗る機会もなく土日のプライベートにしか用いないという人たちも多く、車の傷み具合は低いという状況のものが多いです。だからこそ、すぐに買い換えずに長く乗り続ける人も少なくありません。そのため、走行距離も少ないまま10年を超えてしまい、下取りに出すしかないと考える人もいます。傷み具合の少ない車は下取りでも十万円を超えることもありますので満足する人も珍しくありません。しかし、都心に住む人たちの車の質が良いことや買取専門店も集中してあることから、下取りに満足せずにそれ以上の値段で売れるよう買取専門店利用者が増えています。

交通の便が良いよころにおいてはあまり利用しないことが多いですが、地方においては車なしでは仕事も生活も不便すぎるということもあり、走行距離数も高くなります。そのため早めに買い替える人もいますし、乗り潰してから廃車という人もいます。交通事情の違いは車の処分方法も変わってくると言えます。周囲に買取専門店も少ないため、地方ではまだまだ下取りによる新車値引きや廃車手続きで重量税の変換を受けることで満足する人たちが減りません。しかし、都心や田舎に関わらず、中古車一括査定サイトが口コミで広がりだした今、全国どこにおいても車買取り相談が増えてきています。車の価値というのは全国どこでも一律の基準は需要の高低です。どんな車もより需要の高い市場に売ることで高額査定を目指せます。乗り潰した車も専門店の販売ルートに乗せれば、意外なほどの金額となります。

どんな車でも売れると言っても買取専門店は独自の特化したものを持っているところが多く、車両の種類や持っているルートがそれぞれ特殊であったり専門的であったりします。そのため、より高額に売却するには、多くの買取店に査定をしてもらうことが賢明です。その車を欲しい気持ちが強い買取店ほど高値を提示してくれます。全国の買取店で、その地域を活動範囲とするところ数社が訪問査定依頼をしたり電話だけで査定をし額を決定したりとコンタクトがあります。車買取事情は、需要と供給のバランスにあるということは誰しも知っていますので求められないものはただでも売れません。しかし、海外にまで広げて見てみると、事情は変わってきます。直接売買を旨とする中古車買取専門店を一括査定で知ることから始めるのは地域に関係なくメリットは大きいでしょう。

▲ ページトップへ